2012年09月30日

処女神たちの属性

月の神ディアナには冷たい生娘の性格と、破壊を好む好戦的な激しい女の性格が二つながら認められる。

― 処女神ディアナ、ダフネ、ジャンヌ・ダルク p18

 サドマゾヒズムという概念があります。これは、サディズム(嗜虐嗜好)とマゾヒズム(被虐嗜好)はは表裏一体であるという思考に基づくもので、一人の人間にどちらもが宿っているという考え方です。

 男性は女性を征服することで快楽を得るもの、というのは余りにステロタイプに過ぎるかもしれませんが、それでも大多数の男性は、女性を「自分の好きなようにしたい」と感じているはずです。

 しかし一方で、大企業のトップにはマゾヒストが少なくないという、実体験に基づいた報告もあります。真偽の程はわかりませんが、支配の快感を性的な分野以外で味わいつくした人は、真逆に振れる可能性も十分にある気がします。

 単に冷たくされるだけでなく、自分自身のアイデンティティが根底から否定され壊される。常にリーダーとして人を率いる定めを背負った男性は、足場を壊される快感を求めているのかもしれません。

 ただ、破壊は誰にされてもいい訳ではなく、高慢で可愛らしく知的な美少女にされてこそ本望。美少女を求める気持ちの中に、そういう感情が混じっている男性もいそうです。

posted by 竜胆 at 14:25| 神話における処女 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。